【小説】 時の支配者

2024年、東京の閑静な住宅街に佇む一軒家。
その一室に、誰にも知られることのない秘密が隠されていた。

この家の主は、政界の大物として知られる政治家、佐藤博

彼は数々の功績を上げ、国民からの支持を得ていた。
しかし、彼の成功の裏には、人知を超えた秘密があった。

ある夜、佐藤は一人書斎にこもり、壁に埋め込まれた古びた扉を見つめていた。
これこそが彼の成功の鍵、「時の扉」である。

この扉は、博がまだ若手の政治家だった頃手に入れた、この古びた屋敷で偶然に発見したものだ。

扉の向こうには、過去と未来が広がっており、博はこれを利用して数々の情報を手に入れ、彼の政治家としての道を切り開いてきた。

彼が初めて扉をくぐったのは、政治的な危機に直面した時だった。

未来の自分に助言を求めるために、恐る恐る扉を開いた博は、30年後の日本を目にした。
そこには、彼が築いた理想の日本が広がっていた。
「これが私が築く理想の日本か」。


未来の自分から得たアドバイスを元に、彼は危機を乗り越えた。

それ以来、彼は政治の世界で躍進していった。

扉の力は絶大だった。しかし、扉の力には大きな代償が伴った。

時を超えこの国を変えるたびに、彼の記憶は、霧がかかったような曖昧さに包まれた。

その結果、家族や友人との関係も歪んでいった。

そればかりか、この社会全体にも何か得体の知れない影響を与えているのではないかという不安に駆られ始めた。

彼が過去や未来に干渉するたびに、微細な変化が連鎖し、思いも寄らぬ問題を引き起こしているのかもしれない。

そんなある日、博は未来の日本が、かつてない混乱に陥っていることを知った。

私が築いたはずの理想の日本は、どこに行ってしまったのだろう。

そこには彼が予想することもできなかった異なる勢力が台頭し、社会は分裂状態にあった。

しかも、その混乱した日本に、彼はいなかったのだ。

博は、そんな未来を変えようと決意し、再び「時の扉」に近づいた。

この頃からか彼は「時の扉」と呼ぶようになっていた。

しかし、今回のミッションはこれまで以上に危険だった。
失敗すれば、彼の存在が永遠に消え去る可能性があったからだ。

だから博は、未来を変えるために過去へ飛び、若かりし頃の自分に会い、未来の危機を回避するための計画を二人で練り直すことにした。

彼は過去の自分ばかりでなく、かつての同僚やライバルたちとも協力し、新たな政策を打ち出していった。

現在に戻った彼は、過去での自らの行動が日本の運命を元に戻し始めたことを確信した。

これで未来の日本への舵取りは万全だ。

敢えてリスクを負ってまで未来に飛び確認する必要は無いだろう。

日本は再び平和と繁栄を取り戻した。

しかし、この代償は大きかった。

彼の記憶には大きな空白が残り、やがて時の扉の存在すら忘れてしまった。


時の扉の存在を忘れてから10年余り経った頃、扉の向こうから博が現れた。

再び扉を開けるときが来てしまったのだ。

時の扉を開けると、目の前には数えきれないほどの時間の流れが広がっていた。
過去、現在、未来が交錯し、無限の可能性が見える。

二人はその中から自らの記憶の一部を取り戻すためのポイントを探し出した。
二人が選んだのは、博が政治家になる前の若き日の出来事だった。

2000年 東京

若き日の博は、まだ大学生で、政治の道を志すきっかけとなる出来事を経験しようとしていた。

To be continued.