「半沢直樹」は 令和を代表する素晴らしい主役だ

f:id:TimeTraveler:20200915151610j:plain

政治家や経営者には高齢者が多い。しかし、孤独には見えない。そう、たくさんの部下や取り巻きがいるからだ。金と権力を持つ者には、孤独など無縁。だから、金と権力を握った者は、その地位にしがみつく。ただそれでは、世代交代が進まず、日本も企業も衰退するばかり。政治家や経営者こそ、心構えだけでもいいから、清貧で孤独であって欲しい。そして、一番欲しいのは、中野渡頭取のような、地位にしがみつかない引き際の潔さだ。

今は、サラリーマンにとって厳しい時代。経済が成長しないから、企業も成長しない。ポストもサラリーも減る一方。大企業のエリートと言っても、経営幹部にまで上り詰めない限り、歳をとれば、満足な出向先も無く、再雇用でも無ければ、お払い箱というのが現実。

会社生活は、人生のほとんど全て。それなのに、出世を目指して、さんざん苦労したのに、歳をとればお払い箱なんて、ぞっとする。そう考えると、プライドや野心など捨てて、会社人生を楽しむ方が、いいのではないか。そんな風に達観していた筈のサラリーマンを、目覚めさせたのが、ドラマ「半沢直樹」だ。

半沢直樹が、持てる力を発揮して、崖っぷちの会社生活を、この上もなく充実させている爽快感。いいや、そもそも彼には、崖っぷちなんていう負け犬のような自覚はないだろう。そこが、また素晴らしい。彼の目指す方向性の根っ子には、勝手な思い込みや独善など全くない。彼は、常に、中野渡頭取以上の経営判断を下していく。それが、このドラマの醍醐味だ。しかも、彼には、顧客や世界が、必ず味方してくれるという強い信念がある。私たちは、そんな半沢直樹に共感して、いつの間にか、シンパになってしまうのだ。

サラリーマンは、数十年にわたる長い会社人生を送る。それでも、半沢直樹のように、自分の力を思う存分に発揮できる場に巡り会える機会は、あまりない。ほとんどのサラリーマンは、持てる能力を発揮することなく、会社人生を終える。寂しい限りだ。それにひきかえ、半沢直樹、本当に恵まれている。羨ましい限りだ。その理由は、一体何か。そう、彼には、揺るぎない自信と信念があるからだろう。しかも、その自信と信念は、彼が銀行に入行する前の「半沢家」の苦難に満ちた歴史に裏打ちされているのだ。おそらく、彼には、入行する以前から、「人生に対する哲学」があったのだろう。それが、彼の力を何百倍、何千倍にもしている。そう「千倍返し」は、決して言葉の遊びなどでは無いのだ。

私も思っていたのだが、会社人生を生き抜くためには、半沢直樹ではないが、自分なりの「人生哲学」持っていなければならない。何があっても、ブレない哲学。それと、自分の能力に対する自信だ。いい大学を出たなどということではない。そんなくだらないことではない。学歴や、誰かからの評価ではなく、自分自身の評価に基づく「人としてのアプリオリな自信」。

そもそも、自分の評価は、自分にしかできない。だからこそ、納得できない他人の評価を前にしたとき、「負けてたまるか」、「今に見ておれ」という気概が湧いてくるのだ。あてにならない他人の評価なんて、放っておけばよい。他人は「褒め殺し」でもない限り、良い評価なんて下さない。「人の不幸は蜜の味」、所詮、ねたみや嫉妬に根差しているだけだ。たくさんの人間がひしめく競争社会。「石が流れて木の葉が沈む」世界。上司や競争相手の訳の分らない悪意に満ちたマイナス評価や誹りなどに振り回される必要はない。

半沢直樹も、大物政治家から、「小童」とか「石部金吉」などと誹られていた。しかし、そんなことは、褒められているようなもの。痛いところを突いてくる半沢直樹を、畏怖しているからに過ぎない。私も、若い頃、スペインでの契約交渉で、交渉相手を叩きまくったら、「junk people」と言われたが、かえって光栄に思えた。結局、その交渉は、こちらの勝ちだった。

人生は「食うか食われるか」。そんな殺伐とした世界の「一服の清涼剤」が、ドラマ「半沢直樹」だった。

私は思う、主人公「半沢直樹」は、まさにレイモンド・チャンドラーの「タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。」という言葉にぴったりな、令和を代表する素晴らしい主役となったということを。 

 

アメリカの大学は凄い

f:id:TimeTraveler:20200915160613j:plain

今年も、ノーベル賞の季節が巡ってくる。私のような、法学系の人間にとって、理系の人たちが羨ましい季節だ。法学系の人間でノーベル賞というと、文学賞か平和賞。

卒業した大学の自慢話と言われるかもしれないが、コーネル大学は、卒業生から、ノーベル賞の全ての分野の受賞者を出している。また、アイビーリーグでは珍しく、19世紀の設立当初から男女共学だったため、女性の社会進出に大きく貢献。女性のノーベル賞受賞者も、文学賞パール・バック、トニ・モリスン、医学生理学賞のバーバラ・マクリントックと多彩。ノーベル賞とは関係ないが、先頃、亡くなったルース・ベイダー・ギンズバーグ最高裁判事も卒業生(学士課程)。

一方、ニューヨーク大学は、文系メインの大学なのでノーベル賞とは無縁のようだが、ロースクール国際法の博士号を取得したモハメド・エルバラダイ氏が、ノーベル平和賞を受賞している。法学系でもノーベル賞を取れると言うことなのだ。とにかく、ノーベル賞となると、私が卒業したコーネル大学ニューヨーク大学は凄い。

コーネルに入学してすぐに、理系の教授から諭されたことがある。「ロースクールなんて能力の無駄遣いだろう」と言われたのだ。「法律なんてくだらないことに頭を使うのが理解できない」ということだった。たしかに、「SF映画の悪役は弁護士」というのがアメリカの定番。まあ、それくらい、コーネルは理系メインの大学ということなのだ。確かに、私が留学した頃は、天文学の故カール・セーガン教授の全盛期だった。

それに比べ、ニューヨーク大学は、元々、理系分野が弱かった。それで何と、工科大学を統合してランキング・アップを図った。それが見事に成功。懇意にしていた学長などは、「とにかく最終学歴をニューヨーク大学にするのが戦略だ」と言っていた。大学のランキングに敏感な、経営者のような学長だった。そのせいか、大学院課程のロースクールの学生の出身大学は、アイビーリーグが多かった。

アメリカの大学は、とにかく国際的でスケールが大きい。学生も多種多様。留学して損はない。卒業した後も、大学とのつながりは強い。大学の名声やOBのネットワークなどを考えると、高い学費に十分に見合うものだ。

振り返って、日本の母校、中央大学のことを考えると情けない。世界ランキング・アップという観点で言えば、医学系単科大学と統合するのが最も効果的なM&Aだろう。

 

 

時代に取り残されるな

f:id:TimeTraveler:20200915160444j:plain

昔、私が学生だった頃、「都市銀行」と呼ばれる大銀行が、13行もあった。それらは、世界ランキングでも、上位の銀行だった。その後、経営破綻した北海道拓殖銀行を除く12行は、統合を経て、3メガバンクとなった。

当時、就職面接の時に、「御行の気風に惹かれました」だの、「将来性に惹かれました」などと言っていたのが、馬鹿みたいな話だ。結局、どこに入っても、一緒だった。銀行業に個性なんていらないということだ。企業は「経済合理性」に基づいて「経営判断」を行なうのだから、当然の帰結に過ぎない。

ちなみに、三菱UFJフィナンシャル・グループは、三菱銀行三和銀行東海銀行東京銀行4行の統合。三井住友フィナンシャルグループは、三井銀行住友銀行太陽神戸銀行3行の統合。みずほフィナンシャルグループは、富士銀行、第一勧業銀行に加え、長信銀の日本興業銀行3行の統合。そして、りそなホールディングスは、大和銀行協和銀行埼玉銀行3行の統合だ。

私が就職した鉄鋼業も同じ。私が、日本鋼管に入った当時は、鉄鋼業のリーディングカンパニーは、新日本製鉄日本鋼管住友金属川崎製鉄神戸製鋼の「高炉5社」、そう呼ばれていた。しかし、今は、日本製鉄(新日本製鉄住友金属の統合)、JFE日本鋼管川崎製鉄の統合)、そして神戸製鋼3社となった。

もっとドラスチックなのは、電機メーカー​だろう。多くの企業あるいは部門が、日本企業同士の統合ではなく、M&A外資の傘下に入った。

さらに、付け加えれば、日産自動車西友中外製薬すかいらーくなども外資だ。

若者に言いたい。「日本社会は、想像もつかないスピードで変化している」ということを。だから、時代に取り残されないようにしなければならない。

ここでもう一つ、時代の変化に関わる話をしよう。重厚長大産業全盛期、工学部の中で、金属工学や船舶工学が花形だった。また、文系では、グローバル化前、外国語学部(特に英米語)が、法経商学部より就職に有利だった。しかし、それも今は昔。

いつの間にか、多くの日本企業が、外資の傘下に入った。国内にも、たくさんの外資系企業がある。今や、中途半端な日本企業に入るより、外資系企業に入る方が、よいと思うのは当然だろう。英語を学ぶために、アメリカの大学に留学するのが、当たり前の現在。帰国子女も増え。外国語学部の学生でなくとも、卒業までに英語をマスターしている学生は多い。

その昔、多国籍化を目指す企業では、毎年必ず、東京外国語大学大阪外国語大学などの学生を採用していた。しかし、いつの間にか、外国語大学の枠採用はなくなった。理由は簡単、社内留学制度が整備されたからだ。法学部や経済学部、理工学部を卒業して入社した社員の中から選抜して、アメリカの大学院に留学させたのだ。「留学は一石二鳥」。ビジネススクールロースクール、理系大学院で学び、修士号を取れるうえに、英語もブラッシュアップできる。いつの間にか、海外で活躍する日本人ビジネスマンの多くが、留学経験者となった。

海外人材育成という点で、「アメリカの大学院で学位を取らせる」というのは、効率的だった。留学中に、教授や同級生から、アメリカ社会の様々な情報を得られるばかりか、卒業後も、母校(Alma mater)の名声や同窓生ネットワークを活用できるからだ。

何とも皮肉な話だが、アメリカの大学院に留学するには、外国語大学のBachelor of ArtsBA)の学位では、あまり役に立たない。専門性のない学生と見做されるからだ。ロースクールの場合など、法学部の Bachelor of LawsLL.B.)の学位がなければ、修士課程(LL.M.)に入れない。

ただ、最近では、どの企業もグローバル化したせいで、留学制度に金を使うより、若手社員を、自前の海外事業に突っ込んで、OJTOn-the-Job Training)で英語(外国語)を学ばせるようになった。会社の金を使って、個人に学位を取らせたところで、恩を仇で返すような転職をする連中が多かったからだ。そのためか、今では、企業留学は下火となった。

まあ、ここまで言うと、日本の学歴や語学力では、外資は無理かもしれないと考えるかもしれない。しかし、そんなことはない。金を稼ぐことと学歴は、あまり関係ないからだ。そもそも、大学では、金持ちになる方法など教えてくれない。本当に能力のある学生は、大学で、金儲けの下手くそな教授の講義を受けるより、自らの道を進んだ方がいいと、すぐに分るはずだ。

そうは言うものの、どんな企業でも、あっさり倒産するという現実。そこへ行くと、公務員は安泰。昔、公務員は、給料が安いうえに、交際費も無く、つまらないなどと言われていた。しかし、今の不況の中、コンプライアンスでがんじがらめの民間企業の方が、つまらないかもしれない。

とにかく、時代に取り残されないよう、常に自分を磨き、アンテナを高くして、生きて行こう。辛いかも知れないが、実はどこも同じ。自分の選択を信じて、そこに生きがいを見いだしていけば、幸福は、必ず、後からついてくる。

 

 

国民が夢や生きがいを持てる日本に変革して欲しい

f:id:TimeTraveler:20200915151522j:plain

一人一人の国民の努力の結果、経済大国となった日本。その国民が担ぐ神輿に乗るだけの政治家。彼ら、彼女らが「一流国家日本」を創り出したわけではない。政治の怠慢で、いつまでも、国民の幸福や夢をないがしろにしていると、いつ何時、国民が気力を失い、我慢の臨界点を超えて、自暴自棄になるかわからない。もし、そうなったら。そこに待つのは、破壊と騒乱、無政府状態と化した日本だ。今の日本で、そんなことは起こりえないという人ばかりかもしれない。私も、そうあって欲しい。しかし、油断は禁物。

科学技術の進歩で、グローバル化し、飛躍的に発展してきた世界。ところが、21世紀に入ったあたりから、宗教的あるいは民族的バイアスや、人種、階級、格差などの影響を強く受けるようになった。そのうえに、自然環境の激変や感染症の蔓延。この世界は、歴史的シンギュラリティを迎えたのかもしれない。

これからの日本(世界も同じ)に、薔薇色の未来は無い。今の私たちに想像できるより、さらに悪い未来。バブル崩壊後の日本が、まさに、そうした未来の連続だった。そんな、未来に向かう新内閣が、私たち国民の願いをかなえてくれることを切に祈る。

この国では、選挙権を持つ有権者が、主権者であり「権力者」。だが、それは形だけの政治的レトリックに過ぎない。本当の権力者は、内閣総理大臣以下の閣僚。どんなに高学歴で優秀なエリートでも、国会議員になれなければ、閣僚にはなれない。民間人登用という例外を除けば。しかも、その閣僚は、概ね世襲議員。それは至極当然。若くして、親の「地盤」、「看板」、「鞄」を引き継ぎ、「キャリア国会議員」になる世襲議員と、自力で這い上がる「ノンキャリア国会議員」とでは、スタートラインが全く違うからだ。

「行政の縦割り打破」と言う前に、キャリア国会議員からしか、内閣総理大臣や閣僚になれない、時代錯誤の政治を変革しない限り、「一流国家に相応しい民主政治」なんて期待できない。

国家議員たちは、いつまで、国民をないがしろにして、国会という狭い世界の中で「人事や権力闘争という、自分たちだけしか味わえない快感」に浸っているつもりなのだろう。閣僚や国家議員だけの、国民不在の権力闘争からは、何も生まれない。国を変える力を持つのは、一人一人の国民なのだから。

いつまでも、国民が政治に無関心のままでは、日本に、明るい未来は無い。「菅首相」、新内閣ができた今こそ、国民が、夢や生きがいを持てる日本に変革して欲しい。

 

面白かった映画

時代の影響かもしれないが、ドラマ「半沢直樹」のように、ストーリー展開が早く、たくさんのエピソードが盛り込まれたドラマでないと、最近、面白いと感じなくなった。読書で言う、行間を楽しむという、昔の感覚は消えてしまった。

ドラマ同様、映画もそうだ。だらだらと前置きが長く、展開が遅い映画は、我慢できない。余韻を楽しむことができなくなった。映画館でなく、自宅でケーブル・テレビで映画を見るようになったせいだろう。

邦画「キングダム」は、最初の展開はよかった。ところが、中盤からテンポが落ち、実に残念。ドラマ「麒麟がくる」は、「NHK大河ドラマのお約束」なのか、いつものように、望月東庵、駒、伊呂波太夫といった、歴史ドラマの重厚なストーリー展開をぶち壊す登場人物。そんな者、いらないだろう。そもそも、殺し合いの戦国時代の登場人物が、「半沢直樹」より柔な奴らばかり。刀片手に「本当の意味で」命がけの権力闘争をしている人間たちとは、到底思えない。アメリカ・ドラマの日本版「スーツ」も、どうにも選んだ「スーツ」が、日本人には似合わなかった。どうせなら、「ブラック・リスト」にしておけばよかったのに。

今回は、偏見だらけの私が、面白いと思ったアクション・SF映画を、皆さんからの顰蹙覚悟で、ご紹介します。作品の題名を紹介しますから、詳細はネットで検索してください。おそらく「もう見てる」というものばかりかもしれませんが。

先ずはアクション映画。

(1)96時間

(2)96時間リベンジ(続編)

(3)96時間レクイエム(続編)

いずれも主演は、リーアム・ニーソン

(4)ザ・コンサルタントAccountant

主演は、ベン・アフレック。武闘派スーパー公認会計士の話。

(5)ジョン・ウィック

(6)ジョン・ウィック:チャプター2(続編)

(7)ジョン・ウィック:パラベラム(続編)

いずれも主演は、キアノ・リーブス。

(8)イコライザー 主演は、デンゼル・ワシントン

次はSF映画。最近では、仮想現実をテーマにした「マトリックス」のような壮大なSFは影を潜め。アメコミ・ヒロー物ばかりで、つまらない。そのせいか「古い映画ばかりじゃないかと」お叱りを受けるかも知れませんが。

(1)パッセンジャー

主演は、クリス・プラット

(2)オブリビオン

主演は、トム・クルーズ

(3)インターステラー

主演は、マシュー・マコノヒー


強い人たちの世界 弱い人たちの世界

f:id:TimeTraveler:20190802145916j:plain

この世界は、ひとつだと思っていた。しかし、違った。この世界には、強い人たちの世界と、弱い人たちの世界のふたつがある。

強い人たちの多くは、生まれながらに、富と幸運を持つ。弱い人たちのほとんどは、生まれながらに、貧しさと不運を持つ。そんな人たちを、いまだに同じ土俵で戦わせている。人生の勝敗など、初めから決まっているのに。

ただ、強い人たちも、いつまでも強いわけではない。一歩間違えば「突然」、あるいは、歳を取れば「必ず」弱い人になる。弱い人たちの世界への仲間入りだ。

弱い人たちも、いつまでも弱いわけではない。努力と忍耐や才能で、あるいは、ある日「突然」強い人になる。強い人たちの世界への仲間入りだ。

しかし、こんなふたつの世界を行き来する人生なんて、不安定で、ストレスが大き過ぎる。中には「それこそが人生の醍醐味だ」と喝破する人もいるだろう。しかし、生まれてから死ぬまで、強い人であり続けることなどできない。すくなくとも、死ぬときには。

結局、私たちは、強いときには「弱い人たちの世界」のことを考えないようにして生きているだけなのだ。しかし、強くても「突然」、あるいは、いつか必ず「弱い人たちの世界」の住人になる。それが、生きとし生けるものの運命だ。

いつまでも、見て見ぬ振りをしていないで、現実を、ありのままに認めて、世界をひとつにするための手立てをとろう。とくに、今現在の「強い人たち」に、それを望む。

 

「半沢直樹」以上に会社人生はドラマチックだ【2】

f:id:TimeTraveler:20190721060227j:plain

私は2年間のアメリカ留学後、帰国。新設された総務部「海外法務室」という部署に配属された。海外法務室は、全員、海外のロースクール卒という顔ぶれ。ユニークな職場だった。ただ、社内では「人間動物園」などと揶揄されていた。

しばらくして、初代海外法務室長が、プロデューサー兼執筆者として、金融財政事情研究会から「実践国際ビジネスQ&A-海外戦略のための法律武装」というビジネス書を出した。私は、その共著者となる幸運に恵まれた。書店に、自分の名前や経歴の載った本が並んでいるのを見るのが、こんなにもうれしいこととは思わなかった。その後も、仕事の傍ら、物を書いてきたが、最初の印象がベストだった。

前置きは、これくらいにして、話を進めよう。日本鋼管は、アメリカの鉄鋼メーカー「ナショナルスチール」を買収。このM&Aが大きなダメージをもたらした。当時、国内での鋼材需要は頭打ち。頼みの綱の海外も、アメリカでは、アンチ・ダンピングなど通商法による輸入規制の嵐。そうした状況を打開するための、窮余の一策としてのナショナルスチール買収。しかし、衰退していくアメリカ鉄鋼メーカーの買収という経済合理性のないM&Aで、日本鋼管は、坂道を転げ落ちることになる。

ただ、日本鋼管アメリカ進出の後を追うように続いた、日本企業によるアメリカでのM&Aのほとんども、失敗に終わっている。そう、日本は、 Japan As Number One などとおだてられて、アメリカ再建のために、いいように利用されただけ。このときの、アメリカ進出での苦い経験が、後の「グローバル化」をもたらしたのだろう。

長い間、業績不振が続いていたナショナルスチールに残されていたのは、「負の遺産」ばかり。従業員の退職金の積立不足や、退職者への年金・医療費用の支払負担、老朽化した設備の除却・更新などなど。とにかく、縁もゆかりも無いナショナルスチール再建のために、金をむしり取られた。Made in USA の鉄鋼を生産することによって、通商規制を回避する目論見は、木っ端微塵。一矢報いたとしたら、ナショナルスチールの「再上場」が成功し、「上場益」を得ることができたことくらい。私も、この再上場に参画し、ニューヨーク証券取引所での交渉やセレモニーなど、得がたい経験を積むことができた。

M&Aでは、買収対象企業に関して、開示されているデータを基に、「外部環境分析」、「企業価値を生み出す事業構造や業績構造の分析」、さらに「将来事業計画の分析」などを行い、おおよその買収価格を決めておかなければならない。というのも、 M&Aの最重要ファクターは、「いくらで買うか」ということだからだ。妥当な価格で買収できれば、 M&Aは、ひとまず成功。「統合計画」の方が重要だと言う専門家もいるが、「計画など未定であって、実行してみないとわからないことだらけ」。

とくに国際的なM&Aは、「リスクの塊」。上場企業だからといって、決して安心できない。証券取引法に基づき開示されたデータだけを鵜呑みにして買収したら、とんでもないことになる。そこで、M&Aに向けて、買収対象企業の経営環境や事業内容を精査し、事業の見通し、収益力、財務状況、法的問題点(労働、環境問題や訴訟、行政処分の状況など)を慎重に分析しなければならない。このプロセスを、デューディリジェンスDue diligence)という。人間で言えば「人間ドック」のようなもの。

デューディリジェンスの基本的な方法としては、買収対象企業のトップや役員、キーマンからのヒアリング(マネージメント・インタビュー)。買収対象企業から提出された書面に対する、ビジネス、ファイナンス、会計、法務の観点からの精査などなど。デューディリジェンスで洗い出されたリスクについては、期限を切って改善させるか、買収金額の調整で対応することになる。ただ、デューディリジェンスだけでは、到底、被買収企業のリスク全てを洗い出せるわけではない。そこで、洗い出せなかったリスクについては、顕在化した時点での回避策や、リスクに起因する損害の求償方法、さらには、買収価格の調整方法などを、M&Aの取引条件として、「契約書」に詳細に規定することになる。

M&Aは、被買収企業の「一部」または「全部」を、そのまま買い取ることができる便利な手法。成功すれば、あっという間に、買収企業の業容を拡大させることができる。しかし、失敗すれば、買収企業の存続を脅かすことになる。後者となった、日本鋼管は、「構造改革」というリストラの時代に突入していく。その総仕上げが、「川崎製鉄との統合」だった。私の会社人生も、その中で、「国際ビジスマン」から、「リストラ担当」、「統合準備委員会メンバー」へと目まぐるしく展開していくことになる。